Loading...

私たちのキリスト教葬儀

日本の葬儀に、もっと選択肢を

誰でもキリスト教葬儀が選択できる。そんな世の中へ。

わかりやすく
依頼しやすく
経済的で
心温まる
当然のように仏教式の葬式
普段、特別に仏教を信仰しているわけではない方も、
ひとたび万が一のことがあると、当然のように仏教式で見送られる。
これが日本の葬儀の常識です。

結婚式では、自由にキリスト教式を選ぶことができるのはいまや普通のことです。
ではなぜ、人生の最後においてはあまり選択肢がないのでしょうか。

頼れる牧師や教会がわからない
それは、地元のキリスト教会に毎週通っている人でなければ、 いきなり牧師や教会に「葬式をあげてください」と頼みづらい上に、費用や内容などが知られていないことが原因ではないでしょうか。

しかし、キリスト教葬儀は賛美歌とお花に溢れ、希望が感じられる素晴らしいものです。 初めて参列された方からは「感動した」「非常に良かった」という感想を多くいただきます。

ブレス・ユア・ホームの運営者は、現役のキリスト教牧師です。

全国の葬儀社、協力牧師とともに「誰でも、どこでも、明るいキリスト教葬儀を選べる時代」 となるよう、準備を進めてまいりました。

わかりやすく、依頼しやすく、経済的で、しかも心温まるお別れができる。 そんなキリスト教葬儀を専門に展開しています。教会に行ったことのない方や、 教会から離れてしまったクリスチャン、そして無宗教の方も。ぜひ生前からご検討ください。

花と賛美歌の素敵なお別れ

ご家族ごとの事情や喪主様のご希望に寄り添って、
温かく心のこもったキリスト教葬儀を実現いたします。

花と賛美の素敵なキリスト教葬儀

キリスト教葬儀の精神

・故人に対する敬意を表し、遺体を丁寧に葬る。
・ご遺族を慰め、励ます。
・故人の生涯から学び、故人との新しい関係を始める契機とする。
・故人の生涯を導かれたいのちの創造者である神を礼拝する。

キリスト教葬儀は、いのちの創造者である神様のもとに逝った故人と故人の生涯を支えてくださった神様に、心からの感謝をささげるときです。そこには、別れの辛さを乗り越える天国での再会の希望があります。

キリスト教葬儀の流れ

キリスト教葬儀の流れ 賛美歌
前奏

参列者がお席に着く前からBGMが流れていますが、皆さんがお席に着いても、優しい音色に耳を傾けながら、葬儀式に向かう心の準備をして頂きます。

讃美歌

故人を偲ぶ讃美歌を皆さんで唱和します。式次第に歌詞が記載されています。ご存じであれば歌っていただき、難しいようでしたら、静かに耳を傾けるだけで結構です。

   icon-caret-down  

キリスト教葬儀の流れ 祈り
祈り

悲しみの中にあるご遺族に、人知を超えた神の慰めと励ましが与えられるように、また、故人の死を乗り越え、祝福を受け継ぐことができるように祈ります。祈りに賛同される方は最後に「アーメン」と唱和します。

聖書朗読

葬儀において、参列者にお分かちする聖書箇所を紹介します。

説教

個人の略歴を紹介しつつ、故人の生涯を通して受け継がれた良いものを確認し、故人とその生涯を支えらえた神に感謝をささげていきます。

   icon-caret-down  

キリスト教葬儀の流れ 献花・飾花
献花・飾花

葬儀社のスタッフの指示に従い、お花をささげていただきます。故人を拝んだり、故人の霊に対して何かをするのではなく、故人に対する感謝と敬意を表す行為です。また、悲しみの中にあるご遺族に、心からの慰めの言葉をかけるときです。

終祷

葬儀を通して与えられた神の恵みと導きが末永く受け継がれることを共に祈ります。祈りに賛同される方は最後に「アーメン」と唱和します。